【ミルク缶&ベビー服リメイク】思い出残りマルチに使える♪「小物入れ」の作り方

リメイク雑貨

meina
meina

こんにちは。meinaです。

今回も楽しく手作りしますよー♪

こちらのブログでは、簡単にできるリメイク術子どもと楽しめる工作について書いています。

出産祝いで頂いたちょっと良いベビー服

退院の時に来ていたベビー服。

もう着ないのだけど
手に取ると、こんな事があったもんだ…
と「しんみり」する…

そんなベビー服。

どのご家庭にも、数着はありますよね!

思い出が詰まっているが故に
なかなか捨てられずにいる方も多いのではないでしょうか?

meina
meina

我が家もそうです(笑)

今回は、そんな大切に保管されていたベビー服を活用した「小物入れ」を紹介します♪

こんな方に向けて書いています
  • 捨てられないけど、気に入っているベビー服がある
  • ミルク缶がある
  • 小物入れ欲しかった

これを書いたmeina(@meina-blog)は…。
  • 4歳娘と一緒に工作するのが日課
  • 手作り大好き、2児のママ

所要時間

個人差ありますが、約15分ほどで完成

早速作る方はコチラから

以前、ミルク缶をリメイクしたゴミ箱の作り方を書きました。

丈夫でしっかりしたミルク缶。リメイクにはもってこいの素材なのです~♪

今回は、ミルク缶と古着を活用
かわいいだけじゃなく、思い出も残せますよ♪

スポンサーリンク

完成形

まずは完成形です。

表側
meina
meina

じゃーん♪

こんな感じになります!

ペロンと舌も出るよ♪

ベビー服よりも、旦那さんの古着がメインになってしまいましたが(汗)

家族の古着が合わさって、他にはないデザインになりました。

メインとなる古着を決めてから
そこに合わせて裁断、貼りつけました。

こうする事で、簡単に上手くまとまる気がします。

スポンサーリンク

小物入れを作った理由

この所、
2歳息子の各種リモコンの扱いが上手になりまして…。

勝手にYoutubeを観ようとしたり、Netflixの会員登録画面に行ったり…
夏なのに、気が付いたら暖房になっていたり…

この年齢の子供にありがちですね。

色々とピッピピッピ…と遊ぶようになってきました。

最初の頃はかわいいなーなんて思っていましたが、さすがに疲れが…。

息子が触らない場所へと移動しようと、旦那さんと「あーでもない、こーでもない」と色々と考えた結果。

リモコンスタンドを階段に設置することにしたのです。

我が家はダイニングとリビングの丁度中央に、階段があります。
子ども達が勝手に登らないように…とベビーゲートが設置してあります。

ゲートがあるので、子どもは届かないけど、大人は届くのです!

自分たちは使いやすい場所が階段だったのです。

そのまま置くと、通行の邪魔になってしまう…。
コンパクトなリモコンスタンドを設置することになったのです。

せっかくなら、作ってしまえーということでサクッと作りました。

スポンサーリンク

材料

  • ベビー服
  • ミルク缶
  • ボタンなど飾り
  • 緩衝材(プチプチ)

ベビー服

今回は子ども達のベビー服2着と大人の古着も準備しました。

ベビー服 活用 リメイク
上☚娘と息子のベビー服 下☚旦那さんと私の古着
meina
meina

子ども達の服は

それぞれ思い出いっぱい!

いかん…ベビー服見るだけで泣けてくる!
35歳にもなると、涙腺ゆるゆるよね(笑)

大人の服は、旅行の時に着ていた服にしました。
ショートパンツは、よく行った夏フェスで着たものです♪

それぞれ思い出のあるものだと良いですね。

ミルク缶

ミルク缶は明治のほほえみを使用しています。

お使いのミルク缶をご準備ください。今回はオープンタイプな小物いれなので、蓋は使用しません。

事前準備としては、粉っぽさをなくすためウェットティッシュなどで拭いて、しっかり乾燥させておきましょう。

meina
meina

水分が残ってると

サビるので注意です!

ボタンなど飾り

飾りはお好みで。

今回は旦那さんのパーカーに付いていたボタンをそのまま使いました。
リボンやワッペンでも良いですね。

子ども服に付いていたポケットを使うのもカワイイです♪

緩衝材(プチプチ)【必要な方のみ】

宅配に入っていたものをリサイクルしました。

プチプチ リメイク

完成後、このままリモコンをポイポイ立てるため、クッション材として使います。

底面が缶なので、リモコン壊れたら困ってしまう…。

プチプチでなくても、綿や紙を丸めたモノでも良いかと思います。
衝撃を吸収してくれそうな素材がオススメです。

道具

  • グルーガン
  • 布用ハサミ
  • 新聞紙(床に敷く)

グルーガン

今回はグルーガンでペタペタ貼るだけ!

グルーガンはDIY全般であれば、何かと使えますし、子どもが大きくなったら工作でも使える道具です。

ひとつあると、何かと便利!

私はDAISO購入しました。

でも、もう少し良いやつにすれば良かったと思ってます。
コードは短いし、途中でグルーが垂れる。

接着がイマイチと感じる事もあります。

時々しか使わないから良いか~とも思いますが。

使いやすかったら、もっと使いたい気持ちになるのかも…。

次買うのなら、これを狙っています。

60Wと100Wの切り替えが出来るなんて魅力的です。

ミルク缶とベビー服で作る『小物入れ』の作り方

まずは、ざっくり作り方を説明します。

ざっくり作り方
  • STEP1
    ミルク缶をキレイにする
  • STEP2
    古着をカットし、グルーガンで貼りつける
  • STEP3
    ボタンなど飾りをつける
  • STEP4
    【必要な方のみ】底面に緩衝材やクッション材を入れる

とっても簡単ですよ♪

STEP1. ミルク缶をキレイにする

粉ミルクが入っているので、使い切っても粉っぽいことが多いです。

軽く水洗いしても良いのですが、私は水分の拭き取りが甘かったようで、少し錆びてしまいました。

ウェットティッシュで拭き取るくらいでも充分なようです。

空のミルク缶がないという方は、「防災用のお菓子缶」でも代用できます。賞味期限が5年くらいの商品。もしもの時に、食べ慣れたお菓子があると心の安定に繋がるそうですね。もちろん、栄養面でも。我が家も防災グッズに加えています!

STEP2. 古着をカットし、グルーガンで貼りつける

メインとなる布を決め、裁断する

今回は、旦那さんのパーカーを使用しました。

このパーカーはお気に入りだったので、ティッシュケースにもリメイク済み♪

既に、細切れに近いハギレ状態だったのでイラストで説明しますと…
ポケット部分を切らない様に、周りを長方形にカットしました。

あえて、大き目サイズで切ったワケ
  • 上から見た時も布の面積が増え、温かみのある小物入れになる
  • 1枚の生地でミルク缶の半分以上をカバーでき、短時間で作れる
  • ポケットの形が崩れない
meina
meina

大きい方が

楽でしたよ♪

ミルク缶に目安のラインを書いておく

手順としてはメインの布(私の場合ニコちゃんパーカー)は最後に貼り付けます。

最後に貼る事で、細かい布が多少はみ出てもカバーできちゃうのです!

ミルク缶にメインとなる布をあてラインを確認します。

↑↑こんな感じで、手で押さえて…

フリーハンドで良いので、油性ペンで線を書いておきます!

ミルク缶に布を貼る

さぁ♪ここからが楽しい時間♪
グルーで貼っていきます!

グルーガンを使う際には、新聞紙や段ボールを敷いてくださいね。
作業中に垂れたりするので、結構汚れます!

※熱いので火傷には気を付けてください!

➊マジックでラインを書いた内側から貼る

下の画像だと、赤い点線の内側になります。

meina
meina

はみ出したり

重なっても問題ないよ

私の拘りですが、ダメージジーンズの敗れた所から
子供服が見えるように仕込んでます!

ベルトを通す部分やポケットを付けると
アクセントになって
かわいさが増します!

失敗しにくい貼り付け方
  1. 布の一辺にグルーを付ける
  2. 缶に貼り付ける
  3. 残りの三辺にグルーを付ける

すぐに固まるので、素早く!でも焦らずに作業しましょう!

meina
meina

欲張ると

グルーが垂れて
パニック祭り(経験済)

何だが、心の俳句みたいになりましたが
落ち着いてやれば大丈夫です!

私なりのポイントをまとめてみました。

  • 布を小さくしすぎない
  • 貼り付けた布の断面に合うように、次のパーツを切る
  • グルーガンは一度にたくさん付けない

缶の部分が見えなくなるまで、貼り付けます。

meina
meina

布の配色や形を考えながら貼るのは
とっても楽しいです!!

❷メインの布を貼る

メインの布は大きいので、少しずつグルーを付けて貼っていきました。

底のラインを合わせてから
側面→上部の順に貼ると簡単でした。

上下、側面の4か所で止まり、全体にグルーを付ける必要はありませんでした。

STEP3. ボタンなど飾りをつける

ミルク缶 ベビー服 リメイク 小物入れ
裏側

ワンポイントにボタンを付けました。

強く引っ張ると取れそうなので、しっかりとグルーを付けました

このボタンは旦那さんのパーカーに元々付いていたもの。

他にも子供服によくある、ワッペンや小さなポケットを貼っても良いです♪
ちっちゃな感じがかわいいのでオススメです!

STEP4. 【必要な方のみ】底面に緩衝材を入れる

我が家はリモコンスタンドにするので、底面にプチプチを仕込みます。

リモコンの長さを確認しつつ、底面に緩衝材を敷き詰めました。

あまり、詰め込み過ぎるとリモコンの重みでバランスを崩して倒れました。

結果、20cm×50cm程ののプチプチを入れました。

ついでに、フローリングシートもこっそり入れました。

フローリングシートは、階段の掃除の時に取り替えたくなる時がありまして…。

何かと便利なので仕込みました(笑)

プチプチの底に「へそくり」をこっそり入れても良いのかも…。

meina
meina

お疲れさまでした。

これで完成です♪

さいごに

今回はミルク缶とベビー服をリメイクした、マルチに使える『小物入れ』について書いてみました。

グルーガンがあれば、ちゃちゃっと出来るので
育児中の息抜きにオススメです!

4歳が悪魔に、2歳が怪獣に思うこともありますが
ふっと赤ちゃん時代を思い出せるものがあると、一旦落ち着く気がします。(私はね)

処分したいな~と思っていたベビー服も、こんな風に活用できて満足でした♪

リモコンスタンドのお陰で、階段も片付きました。

通るたびにかわいいスタンドがお迎えしてくれるので、バタバタの毎日にほっこりする瞬間が生まれた気がします。

我が家はリモコンスタンドとして使っていますが
ゴミ箱、オモチャ入れ、お菓子入れ、紐を付けて洗濯ばさみ入れ…などなど♪

まさに、マルチに活躍してくれると思います。

今回はミルク缶で作りましたが、
バンホーテンのココア缶やベーキングパウダーの空き缶で同様に作れば
ペン立てにもなりそうです!

meina
meina

うん♪
それも楽しそう♡

どこにも売っていないステキなリメイク品になりますので
ぜひお試しくださーい!

meina
meina

最後まで読んで頂き

ありがとうございます。

どなたかの参考になれば

嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました