【はぎれ活用】子ども用リボンヘアゴムの作り方♪~手ぬぐいズボンのはぎれで作ろう!~

はぎれ 活用 リボンヘアゴムリメイク雑貨

meina
meina

こんにちは。meinaです。

今回も楽しく手作りしますよー♪

こちらのブログでは、簡単にできるリメイク術子どもと楽しめる工作について書いています。

布を使った作品を作ると、必ず出てしまうのが…そうです!「はぎれ」

お気に入りや思い入れのある生地だと、何か使えそう!と大切に保管している方もいるのではないですか?

今回は、そんなはぎれ消費方法のひとつを書いていきます!

こんな方に向けて書いています
  • 手のひらサイズのはぎれがある
  • 子ども用のかわいい「リボンヘアゴム」が欲しい
  • 時間が10分ある
早速作る方はコチラから

これを書いたmeina(@meina-blog)は…。
  • ミシン歴 1年5か月
  • リメイクにハマった!2児のママ

meina
meina

ミシン初心者…だからこそ!

“簡単に作れるモノ”を考えるのが好き♡

手作りして楽しむ暮らしを満喫中♪

先日、100均手ぬぐいをリメイクしたズボンを作りました。

そちらで出た小さなハギレを使います。

早い方であれば、10分あれば子どもの髪を結ぶ時間もあるくらい(笑)

meina
meina

すんごい簡単です!

不安のある方にもできるよう、写真付きで解説しています!

市販品にはない、個性と魅力あふれるヘアゴムを作ってきましょう♪

meina
meina

手縫いでも10分くらい。

手ぬぐいズボンのついで作業なら、5分程度です。

ゴミも出ないからエコですね♪

お試しくださーい。

スポンサーリンク

子ども用リボンヘアゴム〔完成サイズ〕

はぎれ 活用 リボンヘアゴム

リボンにした状態でおよそ 縦3センチ・横8センチ でした。

小っちゃなリボンがかわいいです。

深めのグリーンで派手さはありませんが、その分大人っぽくなりました。

スポンサーリンク

材料

  • ゴム(ヘアゴム)
  • はぎれ(今回は手ぬぐいズボンのはぎれ)

ゴム(ヘアゴム)

ヘアゴムは、お好みのもので良いです。輪になっているゴムでも、自分で結ぶタイプでも良いです。

今回は、輪になっていて子ども用の小さなものを使いました。

パステルカラーで100本入っています。毎日使うと伸びてしまったり、どこかに紛失したり…。消耗品なので、たくさん入っているのは助かりますね。

時々引っ張りすぎると繋ぎ目から切れることもありますが、太目のゴムで子どもの細い髪に絡まりにくく気に入っています。

はぎれ(今回は手ぬぐいズボンのはぎれ)

サイズ  縦4センチ、横16センチの半円 2枚

手ぬぐいズボンのはぎれをそのまま使います。

もちろん、気に入った布やはぎれを使っても良いですね。

たっぷり入って、人気生地をお試しできたりします!北欧柄とかスゴイ好みなので見てるだけで楽しい♡

スポンサーリンク

必要な道具

  • ミシン
  • 糸、針
  • 裁ほう上手
  • つまようじ
  • ハサミ(糸用)

今回は、ズボンの続き作業だったのでミシンで作りました。

ミシンは初心者向けのブラザーbf3950の機種を使用しています。

今回は返し口を接着剤で止めて時短&楽します。

裁ほう上手という接着剤を使いました。コレ…。洗濯OKなんですよ!

meina
meina

神的なアイテムです!

はぎれで作る『リボンヘアゴム』の作り方

ざっくり作り方
  • STEP1
    中表で重ね、返し口を3センチ残し一周縫う

  • STEP2
    返し口から返し、接着剤で止める

  • STEP3
    ゴムを間に入れ、バランスを見ながらリボンの形に結ぶ

こんな感じ。

文章にすると難しいですが…。簡単です!

STEP1.中表で重ね、返し口を3センチ残し一周縫う

表を内側にして重ねる

待ち針で止めて、この辺りに3センチの返し口(ひっくり返す所)の印を付けます。

黄色の部分は縫わずに、ひっくり返す所にします!

こうすると、一周縫ってしまうのを防げます!

meina
meina

調子に乗って全部縫っちゃった!?って

経験済みです(笑)

ぐるっと一周縫う

5~7ミリくらい内側でぐるっと縫います。縫い始めを返し口の所(青い線の始まり)から縫うと、縫いやすいです。

端っこから縫うと、ぐちゃっとなりやすいですよね。

はぎれ 活用 リボンヘアゴム

縫い始めと終わりは返し縫します。裏返すところになるので、丁寧に仕上げた方が縫い目が解けませんよ。

STEP2.返し口から返し、接着剤で止める

返し口から返す

返し口から指や、目打ちを使い返します。

角をしっかり出したい所ですが…。

meina
meina

ほどほどで良いよ♪

ココが一番面倒なのかも!?イライラするポイントですが、既に折り返し地点だからがんばってー!

アイロンで形を整え、返し口をボンドで止める

返す工程でシワッシワになります。

しっかりアイロンを掛けると、こんな感じでぺちゃんこになります。

はぎれ 活用 リボンヘアゴム

今回は手ぬぐいの端を使用して、あえてこの部分に返し口を付けました。

縫い目が見えますが、私が縫ったのではなく最初からこの状態です。処理済みだからこの部分のアイロンが掛けやすい!(文章だと伝え辛いですが…。私的には地味に嬉しいポイントなのです)

通常だと、布端って糸くずが出たり、ほつれたり…。アイロン掛けるのも大変なんですよね。ほんの少しの事ですが、楽になりました♪

この返し口に、爪楊枝で裁ほう上手を塗ります。アイロンで押さえて定着させます。

もしくは、乾燥するまで置いておきましょう。

手縫いでまつり縫いしても良いですよ。

STEP3.ゴムを間に入れ、バランスを見ながらリボンの形に結ぶ

ゴムを通して結びます。バランスを見て形を整えます。

左右の長さとか、結び目の締まり具合など。お好みで調整します!

meina
meina

お疲れさまでした。

これで完成です♪

はぎれ 活用 リボンヘアゴム

奥にある、ブルーのリボンは私の着なくなったスカートをリメイクしました。

厚手の生地だったので、結び目が大きくなっちゃった~。でもかわいくて気に入っています♪

おわりに

今回は、てぬぐいズボンを作ったはぎれを活用した『リボンヘアゴム』の作り方をご紹介しました。

はぎれって、小さな布ですが新たなモノになる可能性がいっぱい♡

元からのキャンプ柄は殆ど分かりませんが、さりげなくロープ柄がチラッと見えます。落ち着いた色味で大人っぽい仕上がりになりました。

プラスチックのヘアゴムだと、転んだ際のケガの心配がありますよね。薄手の手ぬぐい生地で作ったので、転んでも危なくないです!しかも軽い♪

汗をかいたり、なぜか頭に米粒が付いたり…。思ったより汚れることのある髪飾り!そんな時でも洗濯できるのは嬉しいですよね。

もともと、手ぬぐいだったとは誰も気づきませんよ!自己満の世界ですが、ふふっとなる瞬間ですね。

この夏は、弟の手ぬぐいズボン『お揃い姉弟コーデ』を楽しみたいと思います♪

meina
meina

最後まで読んで頂き

ありがとうございます。

どなたかの参考になれば

嬉しいです。

スポンサーリンク
〔この記事を書いた人〕
meina

手作り大好きな30代、2児のママ。
子どもの入園がキッカケでミシン購入。手作りにハマる!

◇ミシン歴 1年7ヶ月
◇手芸&工作好き2児のママ
◇工作好きな娘と毎日試作する
◇大人服を子供服にするリメイクが好き
◇簡単なリメイク術・工作のアイディア発信中

見ていただけますと、励みになりまーす。

リメイク雑貨
スポンサーリンク
meina-diary

コメント

タイトルとURLをコピーしました